乳酸菌サプリはアトピーを改善できたりするの?

アトピー性皮膚炎は過剰免疫反応でアレルギー反応が起きますが、免疫異常は腸と深い関係性があります。
免疫8割は腸にある腸管免疫で作られて、腸内環境の良しあしが免疫の質の関わります。
腸内に悪玉菌がふえていれば善玉菌が減ってきて、最近バランス崩れた状況だと悪玉菌が便を腐敗し、アンモニアなどの毒素の放出が慢性的に続くのです。

これに腸管免疫反応をすればニキビなどが出てきますが、これは腸が危険な状況です。
また毒素の放出が長期続けば腸管免疫のバランス大きく崩れてしまい、アトピー性皮膚炎の始まりとなります。

また、アトピー性皮膚炎は腸内環境が荒れてきて、不健康な状況といったサインとなります。
これをただすには乳酸菌が入ったサプリを摂取することも1つの対策方法として挙げられます。
乳酸菌は善玉菌であり、口から摂取して、腸内環境を改善させられます。
善玉菌のおかげで悪玉菌も減って、腸の中の毒が少なくなります。
そして、乳酸菌は腸粘膜を刺激して免疫芽細胞の働きを活性化してくれる作用があり、アレルギー反応が起き、抗体の作りすぎにストップをかけてくれます。
この効果で免疫細胞のバランスを調整してくれて、アトピー症状が緩和されていきます。

ヨーグルトなど発酵食品に乳酸菌は含まれていますが、食品内の乳酸菌は生き抜く力弱く、胃でほとんど死滅します。
なので乳酸菌サプリを利用して、短期で大量の乳酸菌を腸に送っていくことが手っ取り早い腸内環境改善となります。

アトピー改善のために乳酸菌サプリ選ぶときには、乳酸菌の種類などたくさんあって、迷っている方もいるでしょう。
善玉菌を増やせるサプリか、その菌の研究、サプリメーカーを開示してるデータを見ればわかるのです。
乳酸菌サプリとアトピーの関係性についてよく学びましょう。

Filed under: 乳酸菌のチカラ — ccmh2o 10:06 AM